FC2ブログ

Small my family -ダックス&フクロモモンガ-

我が家の小さな家族達・ミニチュアダックス&フクロモモンガの、まったりな日常・子犬育て・健康・通院の記録。

〜流星号〜

たとえば君が傷付いてくじけそうになった時、支えてあげるよこの僕が、この世界中は皆仲間。
ずっとついてるよ。


2013.4.15 Pulse虹の橋

スポンサーサイト

Posted by paonsha on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : スポンサー広告

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


NO!! 立て抱っこ。

Posted by paonsha on

ダックスは胴長短足がとても可愛いんですが、椎間板ヘルニアになりやすい犬種ですよね。
うちの子、Pulseも椎間板ヘルニアで二度の点滴治療、その後に手術をしました。

動物病院へ行ったりネット徘徊をしていると椅子に前足をかけて立っていたり、立てた状態で支えて抱っこしているのをよく見かけます。
シャンプーをお願いするトリマーさんでさえ普通に立て抱っこしていたりします。


これ、獣医さんからしつこいほどダメ!と言われてきました。


前足だけ掴んで持ち上げるなど言語道断です。
ただでさえ椎間板ヘルニアになりやすい犬種にも関わらず、更に腰に負担をかけていることになります。
こんなことを言うわたしですが、わたしもついついやっちまっていました(´д`;)



こんな写真をとってる時間があるなら早くやめさせないといけないのに、この飼い主ったら失格じゃないの??
(ハイ、わたしです……ごめんね、Pulse……)

結局、飼い主のわたしに意識が足りずダメダメ、Pulseを椎間板ヘルニアで痛い思いをさせ、下半身麻痺をさせてしまいました。本当に申し訳ないです。

Pulseが亡くなる頃はリハビリのお陰か、だいぶ麻痺が無くなりちょっと歩き方がおかしいかな?くらいにはなりましたが、その子が持っているものとは言え、飼い主の責任が大きかったように思います。


獣医さんから抱っこは胸とお尻をしっかり支えて水平を保って抱っこをするように、と指導されました。
これが結構難しく斜めになったり^^;

今では他の犬種の子を抱っこをする時もわたしは立て抱っこをしなくなりました。他の犬種は気にしなくてもいいのかもしれませんけれど、他の犬種はよくわかりません>_<


可愛い愛犬が痛くて辛い思いをさせないためにも「NO!! 立て抱っこ!!」を是非守ってあげてくださいね。

Category : ┗ 患った病気のおはなし

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。