FC2ブログ

Small my family -ダックス&フクロモモンガ-

我が家の小さな家族達・ミニチュアダックス&フクロモモンガの、まったりな日常・子犬育て・健康・通院の記録。

〜流星号〜

たとえば君が傷付いてくじけそうになった時、支えてあげるよこの僕が、この世界中は皆仲間。
ずっとついてるよ。


2013.4.15 Pulse虹の橋

スポンサーサイト

Posted by paonsha on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : スポンサー広告

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


初めての犬の譲渡会。

Posted by paonsha on

昨日、犬の譲渡会へ行ってきました。
とても気になっていた子は他のボランティアさんのところへ行ったそうでいませんでしたが、たくさんのダックスが居ました。

構って!と、とても甘えん坊な女の子が居て、その子は飼い主の都合で保健所へ持ち込まれた子のようでした。
噛む・人を選ぶということでしたが、わたしには甘々ばかりで噛まれませんでした。

ブリーダーが産ませるだけ産ませて捨てられてしまった子達はわたしを見て興味を持ってくれた子も居ましたが、高齢・お疲れ・慣れた場所ではないからか寝てる子やわたしの手のニオイを嗅いだだけでした。

やっぱり、飼い主が居て一定期間でも可愛がってもらっていた子は甘えることを知っていて甘え上手なのかな、と思いました。

譲渡会が初めてで全く勝手がわかりませんでしたが、抱っこはさせてもらえませんでした。
高齢の子が多い、負担がかかるから、安易ではなくちゃんと受け入れる人のみということでした。

わたしは腰椎椎間板ヘルニアがあるから抱っこした感じの体重がどれくらいか、お世話出来るくらいの体重か知りたかったし、抱っこした時の犬の反応も知りたかったけど、確実に受け入れられるかと言われればNOになってしまうので……。
結局、わたしも見て帰ってきただけなので冷やかしって思われてしまったかもしれませんね^^;

それでなんとなく縁がなかった子達だったかなと感じてしまい、昨日の子達は吹っ切れてしまいました。
その程度の気持ちでしかなかったと言われても仕方ありませんが……。

まだ他のボランティアさんの譲渡会があるみたいなので、時間が合えばまた行ってみようと思います。

Category : ペットにまつわる戯言

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。