FC2ブログ

Small my family -ダックス&フクロモモンガ-

我が家の小さな家族達・ミニチュアダックス&フクロモモンガの、まったりな日常・子犬育て・健康・通院の記録。

〜流星号〜

たとえば君が傷付いてくじけそうになった時、支えてあげるよこの僕が、この世界中は皆仲間。
ずっとついてるよ。


2013.4.15 Pulse虹の橋

スポンサーサイト

Posted by paonsha on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : スポンサー広告

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


犬を変えるのは人間。

Posted by paonsha on

このところ、Lilia嬢をサークルから出してあげるととにかく走り回り、時々トイレのためにサークルへ入れてあげようとすると逃げてしまい四苦八苦していました。

逃げながら唸りつつ、ちょっと強めな甘噛みで遊びを誘ってきたりと好き放題。


それに昼間はいい子にしているけれど、夜、旦那が帰宅をすると要求吠えや唸りがこの数日に増えていき、我が家はいいとしてもご近所に迷惑になります。

まだ3ヶ月ちょっとの子犬だから遊びたい、パワーを発散させたいとは言え、ヒートアップして手が付けられず甘噛みが本気噛みになれば血を見ることにもなり得る。



このまま行くと大暴れの問題犬ダックスになっちゃう!!。゚(゚´Д`゚)゚。 



さあ、どうしよう、どう対処すればいいんだろう?
少し、いや……結構悩んでいました。
写真のPulseにもどうしたらいいんだろう?って話しかけたりもしました(>_<)


ネットでググっていろいろな犬の悩み掲示板や犬のしつけに関することを、Lilia嬢とは直接関係がなさそうなあらゆることにも目を向け読みまくりました。

Lilia嬢の行動を見ながらいっぱい考えてわたしの対処を変えてみました。



そしたら。



たった数時間でめっちゃいい子になりました(ノ∀`)


写真:ちょびっとオスワリも出来るようになったLiliaさん


我が家へ来てすぐの頃はご褒美でフードを一粒あげても食べなくて、この子はフードで釣るのは無理か……と決め付けて言葉と撫でて褒めるだけでした。

でも、褒めているにも関わらずわたし達の手を避けるようになり手を噛もうとしたりしたので、もしかして手は嫌なもの?って思っているかなと判断。


一日3回のご飯時のうち、二度はフードボールへ手を入れて手からもフードを食べさせるようにして、手は怖い嫌なものじゃないよ、と思わせるようにしたのです。

その後にご褒美のフードをあげてみると喜んで食べるようになり、サークルから出すとLilia嬢から近付いてくるようになり、チラッとわたしの目を見るようになりました。
このことによりトレーニングもしやすくなりました。

遊びでヒートアップしてもちょいちょいトレーニングを合間にいれることにより、おとなしく出来るようになりました。

遊びの終わりはフードでサークルへ誘導してご褒美をあげたら、その後の要求吠えや唸りは無くなりました。



***まとめ***

・甘噛みをしたら叱っていたのを、甘噛みをしないでもいい状況にし、たくさん褒める状況作り、極力叱らないこと
・遊びの途中ではトレーニングを入れてクールダウンさせメリハリをつけること(甘噛み対策)
・遊びの〆は自分でサークルへ入れるようにし、ご褒美を貰って満足させて終わらせること(誘導作戦)
・人間の手はおもちゃでも怖いものでもなく、優しくいいことをしてくれるものだと教えること



今回大きなヒントになったのは「犬はシンプル」だということでした。
後悔をすることなく、今のこの瞬間を一生懸命に生きて、嬉しいことがたくさんあれば大満足。
子犬だから更にでしょうね。

なんとか一歩前進が出来ましたが子犬育て初心者だし、まだまだこれからいっぱい問題にぶち当たると思います。
でも、頑張ります!(`・ω・´)ゝ

Category : ┗ 初めて子犬育て奮闘記

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへにほんブログ村 小動物ブログ モモンガへ
blogram投票ボタン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。